求められる“女性”セラピスト

女性だからわかること、女性にしか伝えられないこと

現在、整体院やリラクゼーションサロン、整骨院などの施術院、治療院には様々な専門家が存在していますが、実際にはその多くが男性である場合も少なくないのが現状です。

カラダを預ける施術対象者にとって、それがプロの施術者であっても心理的・肉体的なストレスを感じています。
ましてや、その施術者が異性である場合に及ぼす影響は大きいと言われています。
特に施術対象者が女性であって、施術者が男性であった場合は、女性特有の悩みやデリケートな問題に対して男性施術者ではその対応に限界があるのです。

また、相手が異性であることは施術者側への影響もあります。
年齢や生活習慣など、若干の個人差があったとしても、ヒトの基本的な構造は男女それぞれに大きな違いはありません。
カラダのプロフェッショナルである整体師は、基本的な構造が変わらない以上、つらさや不調を抱える施術対象者が男性、女性であっても関係なく向き合い、対応することが出来ます。しかし、カラダの構造的な部分に対する理解とカラダの構造的な部分と併せた性別特有の部分に対する理解では状況が違ってきます。

それは、どんなにベテランの施術者であっても、どんなに凄腕の施術者であっても、その施術者が男性、もしくは女性である以上、きっと状況は変わらないでしょう。

女性だからわかること。
女性にしか伝えられないこと。

その実現が可能なのは、女性だけです。

多くの需要は圧倒的に女性です

『美容面や健康面に対して、興味・関心が強いのは男性よりも女性に多い』
そのような傾向は、整体を利用するお客様にとっても同じことです。  

実際に整体をご利用になるお客様の「顧客リピート率(再利用率)」や「顧客定着率」も同様に男性以上に女性の方が多い傾向にあります。
これら理由には諸説ありますが、『時間活用の上手さ』、『危機察知能力の高さ』による差がそのひとつなのかもしれません。

例えば、時間の使い方。
ひと昔に比べて社会進出する女性はかなり多くなったとはいえ、男性よりもまだ女性の方が在宅での時間が多い傾向にあります。しかし、家にいるからと言って日常生活上、何かと時間の融通が利くのものではありません。在宅中であっても家事や育児など時間や用事に追われている状況は同じだからです。
そんな限られた状況の中でも女性は有効な時間の使い方を模索し、その実行することが出来るのです。

また、女性は世の中の流行や自身に対するモチベーションの維持・向上を忘れないことに対して、男性は比較的、それとは逆の傾向があります。これらは自らのカラダへの向き合い方に対しても共通する部分があります。

整体を利用するお客様は、自らのカラダが抱えるダメージやバランスの崩れに対して可能な限り早めの対応・予防を意識しながら自発的に来店する方がほとんどです。その中でもやはり多いのは女性です。

結果、女性は男性以上にその需要が圧倒的に高まる傾向にあるのです。

女性が活躍しやすい業界です

女性の社会進出が増加したとはいえ、実際の環境はまだまだ厳しい一面があるのが現実です。
中には、体力的・体格的に不利な仕事をやらざる得ない方もいらっしゃいます。

「働けるところが少ない」
「自分の希望はガマンするのが仕事」
「ただ働くだけでやりがいを感じない」

そんな話を耳にすることもあります。

整体師としての仕事も、『同じ作業の繰り返しで楽しくなさそう』、『体力的・体格的に男性の方が有利』等々、ネガティブに思われがちですが、現実はそうでもありません。

前にも挙げたように、この業界の需要(お客様)は女性が多い傾向にあります。それに対して、施術現場では女性のセラピストがまだまだ不足している、アンバランスな現状となっています。
確かに施術の方法によっては、体力的・体格的に男性の方が有利なものもありますが、当スクールで学んでいただく内容は《女性や初心者・未経験者》の方など体力的・体格的なものは関係ないテクニックなので心配は不要です。

また、整体師を目指す上で将来的な目標を『自分の店を構える(起業・開業)』に挙げる方が非常に多くいらっしゃいます。
自分の店を持つ時には、自身のリズム・ペースで仕事が出来るのが大きなメリットです。
家事や育児の合間や空いた時間だけを使って仕事をすることができます。さらに、営業方法によっては自宅に居ながら、わざわざ外に出なくても好きなタイミングで仕事をすることだって可能です。【詳しくはこちら

そして、最大のメリットは仕事へのやりがいです。
整体はヒトを相手にしたヒトによるものだからこそ、成立する仕事です。

他人のカラダに触れることが少なかった最初のうちは多少、もどかしさや難しさを感じることがあるかもしれません。
しかし、それこそが「整体」という仕事の長所(やりがい)でもあるのです。

私たちのカラダは多少の個人差はあっても、基本的な構造は同じですが、そのカラダが抱える不調やつらさは人それぞれで違います。例えば、「肩こり」や「腰痛」表面的にはいつもと同じ症状でお悩みのお客様であっても気候や生活のリズム、その人自身のコンディションによっては不調やつらさの質は日々、違います。

近代において、人体で解明されていないものはまだたくさん残っていると言われています。
それは、絶え間なく変化を続ける生身の肉体に向き合う整体師も同じです。
『このやり方だけをいつも繰り返していたら大丈夫!』というものではありません。

整体師の仕事は常に努力と向上心を求めていく奥深さや、絶対的な正解がない新鮮さ・発見・感動を直接、体感できるという他業種にはない非常に珍しいものです。

きっと何年経っても、どんな場面であっても、“もう飽きた、やり切った”なんて言葉は出ないと思います。

“ガッツリ”ぷち副業を目指せます

整体師を目指す女性、または整体師として起業・独立を目指す女性の理由として、「空いた時間、都合の良いタイミングで適度な収入を確保したい」。いわゆる『ぷち副業』がその多くを占めています。

その希望は、就労する状況・環境によって違いもありますが、ほぼ実現できたケースが大多数ですが、中にはその副業が“ぷち”でなくなる場合もあります。

特に起業・開業した方についてはやり方、実力次第で得られる収入に上限はなくなります。
過去に起業・開業された方の中には月収50万円を得ることになった“ガッツリ”ぷち副業に至ったケースもあるのです。

男女関係ありません

整体に男女の区別はありません。
男女関係なく独立して働くことが出来ます

力は必要ありません

KCS式調整術に力は必要ありません。
むしろ力を入れ過ぎることで、本来のバランスを崩し、相手の身体を壊すリスクを高めてしまいます

施術で自分の調子も良くなります

自身のコンディションも相手を状態を改善・軽快させることで、自分の身体との向き合い方を知ることできます。セルフコントロール術を習得することによって、自身の身体のリズムを把握し、治療計画を立てることも可能です。

ご自宅でも開業、ぷち副業も可能

空いた時間を有効活用したい主婦の方や子育てで忙しい方、自宅で働きたい方など、整体師としての働き方は「自分のタイミングで仕事をしたい」を実現させることも出来ます。
ご自宅で開業する場合には、自宅の一室をサロン代わりに利用することも可能です。